大人ニキビの正しいケア

ニキビが出来そうになったときは

ニキビが出来る前には肌に赤みやテカリなどが発生することがあります。この時に正しいケアをすることが出来ればニキビにならなかったり、ニキビになってもすぐに治せたりする可能性があります。赤みやテカリが発生したときはぬるま湯で軽く洗います。赤みやテカリが出来ると慌てて洗顔料を多めにつけてしまったりするケースがあるかもしれませんが、刺激を与えることは逆効果になってしまう恐れがあるので注意が必要です。あくまで洗顔は軽めにしておいて、そのあとにグリチルリチン酸ジカリウムなどの抗炎症成分を含む化粧水をつけます。化粧水はある程度浸透したら表面についている分をふき取ることが大切です。保湿成分が含まれているものを使うのもポイントとなっています。

ニキビが出来てしまった後は

どんなにケアを行っていたとしてもニキビが出来てしまうことはあります。それでも適切な対処を行うことにより、ニキビ跡を残さずに治せる可能性が高くなります。ニキビが出来てしまったときに最も重要なのが出来るだけ触らないことです。ニキビは基本的に細菌の繁殖によって症状が悪化します。触ってしまうとますます細菌の繁殖を加速させてしまうことになります。適度な洗顔により清潔な状態を保つことが出来れば細菌が繁殖しにくくなり、細菌は徐々に死滅していくのでニキビは無事に治る可能性が高いです。ニキビを治すためには適度な保湿が必要ですが、スキンケア用品をべたべたとつけすぎるとニキビが悪化してしまう恐れがあるのでふき取ることも大切となっています。